整形外科の医師に腰痛防止クッションについて聞いてみる

市川の人気のカーコーティング専門店で働いている車好きの友人が、最近、腰痛で悩んでいます。

中学から大学まで本格的にテニスをしていたこともあって、とにかく体力にも自信はあったそうです。それは社会人になってからも変わらず、40歳まで生きてきました。スポーツはゴルフだけでしたがまったくこれといっていたいところもありませんでした。

ところが初めての体の不調を昨年経験するようになったのです。それも腰でした。その腰の痛みは真冬のゴルフの翌日です。ゴルフの際も一切準備運動、ダウンもしなかったのですが、なんと翌日、起き上がれないような腰の痛みになったのです。これはさすがに驚いたそうです。まったく起き上がれなくなり、家族に整形外科に連れて行ってもらい、実際にはレントゲンも取りましたが、ヘルニアもなく、背骨も曲がっていなかったのです。

その後も整形外科に通っているのですが、なかなか良くならないようで、腰痛防止のグッズをいろいろ試していると言ってました。腰痛防止クッションはどんなクッションでもというわけにはいかないので、腰痛が深刻な悩みになっている人は一度整形外科に行き医師にアドバイスをもらいましょう。

クルマの運転を毎日のようにしている人なら腰痛もひどくなる可能性があります。クルマの運転をしなくても家の中での過ごし方や姿勢が原因で腰痛を引き起こしますが、クルマの運転中の姿勢が悪いと、より腰痛を起こしやすくなります。

ですから、腰痛に不安がある人は早めに整形外科へ行って診てもらいましょう。そのときに腰痛防止のためのクッションについて尋ねるといいです。クルマの運転中にクッションを使って楽に運転したいことを言ってみるのです。

それを聞いた医師が「こういうクッションだったら使っていいですが、こういうクッションは腰痛を悪化させるので避けましょう」ということを言ってくれるかもしれません。たぶんアドバイスがもらえるはずです。

その意見を参考にしてクッションを選ぶと良いでしょう。

 

PR|オーディオ|GetMoney|住宅リフォーム総合情報|英語上達の秘訣|内職 アルバイト|初値予想|ショッピングカート|英語上達の秘訣|マッサージのリアル口コミ.com|家計見直しクラブ|貯蓄|生命保険の選び方|女性の人生|クレジットカードの即日発行じゃけん|お小遣いNET|