カーフィルム

車にスモークを貼ることの難点とは

車好きの人はよくスモークを貼っていますが、それにはいくつか難点もあります。
一つ目は、「夜は見えづらくなる」。
スモークを貼ると外から車内が見えづらくなりますが、逆もまたしかりということです。
純正のプライバシーガラスでも、人によってはかなり見えづらいこともあります。
二つ目は、「劣化により透過率が下がる」。
傷が付いたり、経年劣化によって、スモークの透過率は下がります。
つまり、次第に視認性も下がってくるということです。
三つ目は、「色が落ちることがある」。
スモークの色は上記と同じく経年劣化や紫外線を浴びることなどにより、次第に色落ちしてきます。
特に質のよくない物を使っていると、かなり早く色落ちしてしまいます。
四つ目は、「剥がれることがある」。
スモークを貼る作業には、意外と技術力の差が出ます。
最近のスモークフィルムは、貼りやすいようにカットされた物などもありますが、初心者が貼るとすぐ剥がれてしまうことが少なくありません。最近私は、江戸川区の専門店でスモークフィルムを貼ってもらっています。