カーコーティング

ヘッドライトのコーティングは何ですればよいか

愛車のヘッドライトが黄ばんできたなと思う車のオーナーさんはなぜヘッドライトが黄ばむか、ご存知でしょうか。ヘッドライトが黄ばむ原因は紫外線が当たることによる、ヘッドライトのプラスチックの劣化です。昔の車であればヘッドライトはガラスでできており、日に焼けて黄ばむということはありませんでした。ですが、最近の車はヘッドライトはプラスチックでできており酸化します。ですので、黄ばんでしまう前にコーティングをする必要があります。ヘッドライトのコーティングには私が知る限りでは2種類ほどの方法があります。一つは昔ながらのワックスを使用したりプラスチッククリーナーを使用したオイルコーティングがあります。プラスチッククリーナーには、プレクサスという製品があるのでそちらを使用してヘッドライトをオイルコーティングしてあげると良いでしょう。もうひとつの方法はガラスコーティングです。ガラスコーティングはオイルコーティングと違いヘッドライト上にガラス繊維を塗りこむか吹き付けることによりコーティングをします。オイルコーティングとの違いはコーティングの持続効果が長いことになります。どちらのコーティングもUVをカットすることができるのでヘッドライトが日焼けをして黄ばむ事を防ぐことができますがガラスコーティングは初心者には難しい商品もあるので注意しましょう。