カーフィルム

カーフィルム・スモークフィルムの付け方

肌のシミや皮膚がんの元になりやすい紫外線は、車の中にいても窓から入ってくるので窓にフィルムを貼って遮断することがおすすめです。紫外線をフィルムで車内に侵入しないようにすると、日焼け対策だけでなく車の維持にも大きく役立ちます。日光に含まれる紫外線は車にも良くなく、車内のインパネやシーツの色をあせさせてしまうのです。車の保護のためにも車の窓にフィルムを貼って、有害な紫外線を通さないようにしましょう。
車の窓に貼るカーフィルムは透明なタイプ、貼ると窓を黒っぽく見せるスモークフィルムというタイプがあります。
基本的にカーフィルム・スモークフィルムは車専門店で施工でなくても、どちらも自分で施工することができます。準備するのは中性の洗剤を水で薄めたもの、施工ヘラ、カッター、ハサミなどになります。フィルムはカット済みの方が使いやすく、車の窓にキレイに貼れます。フィルムは貼る部分ごとに切り、車の窓は洗っておくようにします。洗剤入りの水をスプレーし、フィルムの糊面にもスプレーをかけます。フィルムの糊面を窓に貼ったら、ヘラで空気を抜いて完了となります。